インスリンの分泌・働きをよくする栄養素と食材~不足することで血糖値の上昇を招くことも~

糖尿病の予防のための成分

ルックルックイヌリンプラス

糖尿病予防の最も有効なアプローチは、”そもそも高血糖にならない”ということであり
糖尿病は、「予防医学」が最も重要な疾患の1つになります。

この”何よりも予防”が大切な疾患・症状の特徴として、
<発症してしまったら、基本的には悪化する一方>ということが挙げられます。

糖尿病に関しても、同じであり血糖値が「食後」だけでなく
「常時」高い状態が続くようになり、いわば「平均値」が徐々に上昇していくことになります。

そして”常時ちょっと高い”程度でも、”すでに遅い”という場合があります。

それほど、<ならない>ことが大切な症状なのです。

血糖値の状態というのは、「インスリン」の分泌量・効き方が大きく影響するものになります。

インスリンが少なく・弱くなってくることで、まず「食後血糖値」を正常に下げることができなくなり
その結果として常に高い状態が続き、最終的に”野放し(コントロールできない)”の状態になります。

この「インスリン環境」を壊さないことが、糖尿病対策で最も重要なこととなります。

そこで今回は、<インスリン環境が弱まるのを防ぐ>という考えではなく
逆に<インスリン環境を強くする>という角度からも考えてみたいと思います。

インスリンをとりまく環境を活発にする

インスリンと同じ働きをしてくれる・代わりになる成分(栄養素)はあるのか

以上でも紹介していますが、インスリンの代替機能が見込める食材・成分は
同時にインスリンの”サポート”となることで、インスリンの負担を減らす効果もあります。

「壊さない」ためには、まず「無理をさせない」ことが大切です。

あくまで”助ける”効果があるものであり、<強化する>という面では事情が異なります。

ただし、インスリンとは「内分泌ホルモン」であり・・・
体内に無数に存在するホルモン物質を、ピンポイントで強化することは現実的ではありません。

まずは”全体的に”ホルモン環境を、整える・向上する必要があります。

大腸の環境を改善してでホルモンの代謝を助ける

ホルモン環境全体の向上を目的とするのであれば、「腸内環境」の改善は必須になります。

あらゆるホルモンの生成・分泌の支持を出し、調節しているのは「大腸」であり
「便秘」等によって、腸内環境が悪化していることで
正常なホルモン分泌のための、<指示>が送れなくなってしまいます。

糖尿病対策サプリの多くに、「乳酸菌」といった整腸作用のある成分が含まれているのは
まずインスリンの分泌の「起点」となる、大腸を正常化すことが目的であるためです。

そして、更に「ビオチン」を摂取することで
”すでに体内に存在する”ブドウ糖の代謝をアップさせ、
インスリンが作りやすい・働きやすい環境を整えておきます。

欠乏することで血糖値の上昇を招く「ビオチン」

ビオチンはマイナーな栄養素ではありますが、「ビタミンB」の一種であり
インスリン・血糖値に大しても、非常に大きな好影響を与える栄養素の1つです。

そしてこのビオチンは摂取すること同時に、”不足しないこと”が大切な成分でもあります。

血糖値のコントロールは、体の代謝機能の働きの中心とも言えるものであり
食事を摂取することで上昇させ、その後に徐々に減少させることが基礎的な動きです。

更に、「エネルギーが足りない」という状況に陥った場合には
体内の「中性脂肪」を分解することによって、ブドウ糖を作り出します。

この一連の働きは、生命活動に支障を出さないための基本的なものになります。

飽食の時代には考えられないことですが、
はるか昔、「飢餓」が身近な時代にはなくてはならない働きでした。

  • 上昇した血糖値を下げる
  • 中性脂肪を分解してブドウ糖を作り出す

これらにはインスリンが必要であり、分泌されない・働かないことで
血糖値のコントロールが難しくなりますが、それを助けるのがビオチンの働きでもあります。

効率的にブドウ糖を働かせるための成分

ビタミンB群は、主に栄養素の代謝に関わっており
細かく分類されたそれぞれの栄養素が、様々な種類の栄養素の代謝を担っています。

その中でも、特にブドウ糖の代謝に大きく関わっているものが”ビオチン(ビタミンB7)”なのです。

つまり、ビオチンが欠乏することによって
ブドウ糖を効率的に代謝する(エネルギーとして使う)ことができず

  • 血糖値がなかなか下がらない土壌ができてしまう
  • インスリンの負担が増えてしまう

ということにつがり、結果的に高血糖を招きやすくなってしまうのです。

糖尿病患者というのは、ブドウ糖の血中濃度が高いだけでなく
ブドウ糖を効率的に使うことができなくなっている状態です。

使われるべきだったブドウ糖が、血液中に残ってしまっているということは
当然、血糖値が高くなっているということです。

慢性的な不足に要注意

実際に高血糖・糖尿病患者というのは、ビオチンの摂取量が少ない・血中濃度が低いことが事実です。

ビオチンを不足なく摂取することが、糖尿病の予防につながることは確実なことです。

ビオチンを含む主な食材・・・

  • 肉類(特にレバー)
  • 大豆類
  • ナッツ類
  • 卵の黄身(白身は不足を招いてしまう)
  • カレイ・イワシ

比較的カロリー(エネルギー)の高いものも多いと言えます。

そのため、摂取量にも注意が必要になりますが

  • 脂身が少ないものを選ぶ
  • 味付けを極力薄くする

といった、工夫をしていきましょう。

一般的な食生活をしていれば、不足しない栄養素になりますが
高血糖の対策には食事制限がつきものであり、そのバランスが非常に重要な鍵を握ります。

「良い成分」を摂取するために、”総量オーバー”になってしまうことだけは注意しましょう。

ビオチンも乳酸菌も一気に摂取できる
↓↓血糖値ケアサプリの決定版!↓↓
ルックルックイヌリンプラス

「亜鉛」でインスリンを強化せよ

仕上げとして「亜鉛」を意識した食生活を送りましょう。

高血糖・糖尿病の症状が見られる人は、尿内の亜鉛の値が高くなっているというデータがあります。

本来必要である亜鉛が、排出されてしまっているのです。

インスリンの合成・代謝には、亜鉛が不可欠であり
不足することによって、正常なインスリンを生成することができなくなります。

インスリンが弱まる前に、せめて亜鉛を不足させないこと
「強いインスリン」を、常に用意しておくことが大切になります。

このように、”摂取”よりも”不足しないこと”が大切な栄養素も大切なものになります。

インスリンの分泌に重要な「肝臓」の働きを助ける「オルニチン」

当サイトでは、インスリンと似た働きを期待できる成分として「ピニトール」を紹介していますが
”インスリンを助ける・分泌を促す成分を取り入れる”ということを考えれば
「オルニチン」に関しても、結果的に非常に重要な働きを期待することができます。

オルニチンとは、アミノ酸の一種であり
同じくアミノ酸である「アルギニン」が分解されることによって生成されます。

オルニチンが持つ効果としては、「肝臓の機能を高める」というものが広く知られています。

「二日酔い対策」のための成分として、もはや定番となっています。

肝臓とは、代謝に関わる非常に多彩なホルモンを分泌する組織であり
また同時に「分泌指令」を出す組織でもあります。

最も多くオルニチンが消費される場所であり、その分最も必要とされていると考えることができます。

肝臓は”ブドウ糖のコントロール”の役目も担っている

肝臓の働きは、非常に多岐にわたりますが
その中でも、「余ったブドウ糖」を「グリコーゲン」に変換し溜めておき
必要になった(栄養不足)の際に分解して利用する、というものがあります。

この機能が十分に働かず、取り込むことができない場合に
血糖値が上昇することになり、これだけでも血糖値にとって非常に重要であることが分かります。

そしてこの働きというのは、肝臓以外にはできないものであり

インスリンというホルモンとはまた異なる、非常に重要な器官であると言えます。

オルニチンと血糖値の深い関係

オルニチンには、肝臓の働きを活発にすることと同時に<肝臓を守る>といった働きもあり
生活習慣に問題がある場合には、ぜひ摂取したい成分になります。(生活習慣を改善することが前提)

それに加え<ブドウ糖を効率よく消費する>ことで、”そもそも血糖値を上昇させない”ことが期待できます。

これはインスリン環境・肝臓へのダメージを緩和するために、非常に重要な概念です。

当サイトでも「負担の繰り返しが破壊につながる」と繰り返しており
積み重なったダメージが、「臨界点」を超えた時に”取り返しがつかない(糖尿病・肝臓病)”事態に陥るのです。

インスリンを作ることににも役立つオルニチン

更にオルニチンが持つ「成長ホルモンの強化作用」は、インスリンの元となる因子の成長を促します。

結果的に、インスリンの量・質につながるものであり
当然のことながら、血糖値のコントロールにとって非常に大きなメリットと言えます。

オルニチンの働きを整理すると、

  • 血中のブドウ糖量のコントロールをする肝臓の働きを活発にする
  • 血中のブドウ糖の燃焼公立を高める
  • インスリン環境へのメリットとなる働き

極めて有効な成分であることが分かります。

おススメのオルニチンサプリ

オルニチンと言えば「しじみ」であり、二日酔いにシジミのお味噌汁が有効であることは広く知られています。

しかしながら、そう頻繁に食卓に並ぶものであるとは言い難く
また慢性的な高血糖に対する効果を期待するのであれば、やはり「サプリ」での摂取が効率的と言えます。

ここでは、特におすすめしたいオルニチンを配合したサプリを紹介しておきます。

オルニパワーZnプラス




「オルニチン含有量No1」であること以上に、薬剤師が監修していること
また亜鉛を配合していることからも、肝臓ケアのために超特化したアイテムでです。

「1日32円」というコストから、継続的に利用するハードルも低いことが魅力です。

「オルニパワーZnプラス」の公式サイトはこちら

やわたのしじみの力




販売元である「八幡物産株式会社」は、糖尿病対策だけでなく
生活習慣病全般をターゲットとした、幅広いアイテムを販売する会社でもあります。

こちらもオルニチンだけでなく、「システイン」や「肝臓エキス」といった
代謝を促進する成分を配合しており、トータルケアにおススメのアイテムになります。

「やわたのしじみの力」の公式サイトはこちら

こういった「糖尿病サプリ」というくくりではなくても、結果的に血糖値対策になることもあり
単なる「食事制限」や「運動療法」だけでなく、幅広い角度からのケアが大切になります。