血圧と血糖値の関係~両方を同時に下げる効果的な方法とそのメリット~

糖尿病を予防するための習慣

ルックルックイヌリンプラス

「高血圧」と「糖尿病」は、典型的な「生活習慣病」であり
いずれも「メタボリックシンドローム(成人病)」の条件でもあります。

このこと自体は広く知られているものになりますが、これらは”同時に進行する傾向がある”ということ
そして”途中まで気づかない”ことが多いため、年をとってきたら必ず注意して欲しいことになります。

同時に進行してしまうことは、”当たり前”のメカニズムであり
そもそも「血液が汚れている」ことが、両者に見られる根本的な特徴であり
そしてこの特徴は、改善のためにもおさえておきたいポイントです。

どちらも気付きづらい症状であり「危険な結果」を招くもの

高血圧と高血糖に関する、もう1つの共通した特徴として
「気づいた時にはすでに進行している」ということが挙げられます。

初期の自覚症状が少ないことが、その主な理由になりますが
これは「知らない間にどちらかがどちらかを招く」ことにもつながってしまいます。

「高血糖が高血圧を招く仕組み」と「高血圧が高血糖を招く仕組み」

そのメカニズムは、微妙に異なるものになります。

基本的には、血糖値が高くなることによって血流が悪化し
更に血管が弱っていくことで「動脈硬化」が発生、それに付随し高血圧を招くことが一般的です。

この「高血糖」→「動脈硬化」→「高血糖」の一連の流れは、
典型的な健康状態の悪化サイクルであり、高血糖が全ての症状の起因となる顕著な例です。

高血圧が高血糖を招くことも

一方で、血圧が高いことによる弊害も非常に幅広いものになります。

「血管」はもちろんのこと、血圧が高いことによって「心臓」だけでなく
「肝臓」や「腎臓」といった、
その他の重要な器官への負担も大きなものになります。

インスリンを分泌する「膵臓」を含めた、これらの重要な器官が「機能不全」に陥ることによって
自然な流れとして「血糖値の上昇」を招きます。

「高血圧」→「内臓疾患」→「糖尿病」という流れが、分かりやすい図式になるかと思います。

同時に解決することが必須であり効率的

互いに影響を与えながら同時に進行している症状は、同時に改善していくことが効率的です。

「再併発の芽」を潰すのであれば、必ず両方とも同時に解決しておく必要があります。

しかしながら、両者の改善策というのは共通しており
「食事療法」と「運動療法」を取り入れ、食い止めながら徐々に改善していくことになります。

更にこの過程に「サプリ」といったものをに取り入れることで、より効率的に改善していくことができます。

血液を綺麗にする作用のある「サポニン」「サラシア」を配合したサプリは、
初期段階に特におすすめであり、「血液の浄化」をによって改善をサポートします。

※参考記事血糖値の急上昇を抑える成分「サラシア」と「難消化性デキストリン」の効果

まずは「肥満」の解消を意識する

高血圧と高血糖、この2つの症状の鍵を握るものが「肥満」です。

肥満は生活習慣病の、それら全てに共通する条件といっても過言ではありません

実際に高血圧・糖尿病を両方とも患っているという人は、そのほとんどが肥満の傾向があります。

「体質」というよりかは、「生活習慣」が招くものであり
そもそも「太る生活」は「高血圧を招く生活」であり「高血糖を招く生活」です。

簡単に考えれば「太らない生活」こそが、全ての生活習慣病の予防の基礎になります。

※参考記事:「糖質制限ダイエット」成功の秘訣