「”ルックルック”イヌリンプラス」と「糖ダウン」の比較~それぞれの効果の仕組みの違い~

糖尿病の予防のための成分

ルックルックイヌリンプラス

昨今の血糖値対策の主流と言えば、”血糖値を上げない”というコンセプトであり
これは「ダイエット」の主流である、<カロリー(エネルギー)の摂取量を減らす>と同じく
そもそもの、根本的なリスクを減らすという非常に合理的な考え方と言えます。

まして、糖尿病(常時高血糖状態)という症状は
”まずはならないことが最も重要”と言える、最たるものであり

「上がってしまって下がらない」という状態になる前に、
そもそも上げない・上がりにくい体にしていくことこそが、根本的な対策であると言えます。

そしてそういった考え方というのは、サプリを中心とした健康食品にも波及しており
「トクホ(特定保健用食品)」を中心として、様々なアイテムが開発され続けています。

血糖値の急上昇(最も大きな高血糖要因)を防ぐ成分を配合したサプリは
昨今非常に増えてきていますが、その中心となっているアイテムが

  • ”ルックルック”イヌリンプラス
  • 糖ダウン

この2つであり、いずれもおすすめできるサプリになりますが
それぞれ中心となる成分・効果の違いがあり、選ぶ際の参考にすべきポイントでもあります。

「”ルックルック”イヌリンプラス」の詳しい解説はこちら

ルックルックイヌリンプラス

「糖ダウン」の詳しい解説はこちら

「配合成分の多さ」と「他にない希少な成分」

血糖値を上げない(上がりにくくする)という特徴を持つ、
高血糖に悩む方が摂取すべき成分というのは様々なものが存在します。

代表的なものを挙げれば、

  • サラシア
  • イヌリン
  • 難消化性デキストリン

といったものが存在しますが、
どれも一般的な食事からの摂取が、困難なことも特徴であり
だからこそ、サプリによる摂取が効率的なのです。

基本的に「希少」と言える成分が多いと言え、だからこそ摂取することの意味がありますが
昨今では加工技術も上がったことから、幅広い有効成分を一気に摂取できるサプリが増えています。

「”ルックルック”イヌリンプラス」が持つ、最も大きなメリットもその点であり
古くから血糖値に対して有効な成分、また最新の成分も含め幅広く配合されています。

一方で「糖ダウン」に関しては、配合成分の種類こそ少ないものの
「5-アミノレブリン酸リン酸塩(ALA)」と呼ばれる、貴重な成分を配合しており
このALAを配合したアイテムというのは、血糖値サプリにおいて他に存在しません。

それぞれの主要成分の働きの違い

イヌリンプラスに含まれる「イヌリン」と「サラシア」
そして、多くのトクホアイテム含まれる「難消化性デキストリン」は
”糖の吸収を抑制する”という働きが期待され、配合されています。

エネルギー(糖)の吸収量を抑えることで、血糖値の上昇を緩やかにし
また常時血糖値が高い状態になってしまった後の、食事の際のリスクを減らしたり
短期間での過剰なエネルギー摂取(暴飲暴食)の際、血糖値の急上昇リスクを抑えます。

一方で「糖ダウン」に含まれるALAは、エネルギーの燃焼効率を上げる>という効果があり
吸収を抑えるのではなく、吸収したエネルギーを効率的に使えるように働きかけます。

共通する”食事と一緒に”という要素が重要

両アイテムに共通する点として、食事の際に摂取することで
その効果のパフォーマンスを、最大限に活かすことができます。

ある意味で定期的に訪れるリスクを、毎回ケアする必要があることになりますが
一定の年齢・自分のリスクが高いことが分かった後は、意識しなければならないものです。

だからこそ、「習慣化」が非常に重要なものとなるのです。

ただし、「”ルックルック”イヌリンプラス」の主成分であるイヌリン
また同じく含有成分である乳酸菌は、整腸作用のある成分であり
血糖値対策には欠かせない、腸内環境の改善にもつながるというメリットがあります。

「一時的なケア」に加え、「根本的なケア」もできるのです。

インスリンを含め、様々な代謝ホルモンのコントロールをしている
大腸の健康状態というのは、血糖値の正常化にとっても欠かすことのできないポイントです。

その点を踏まえて、当サイトのランキングでは
「ルックルックイヌリンプラス」を第2位、「糖ダウン」を第3位としています。

いずれもおススメできるサプリであり、本来であれば両方試してみることが効果的ですが
経済的な面でも難しい場合もあり、そういった際に「”ルックルック”イヌリンプラス」は
よりリーズナブルなことで、”使い始めやすい”というメリットが上位となる理由であると言えます。