「クロムフェリン」の高血糖への効果とは

糖尿病の予防のための成分

ルックルックイヌリンプラス

まず前提として、「糖尿病」は<完治>というものが難しく
基本的には”血糖値を安定させる”ことが、最も<治す>という概念に近いものです。

健康な人に関しても、血糖値は変動するものであり
それが「基準値」に戻るのか・戻りにくいのか、という差が
「健康体」と「糖尿病患者」の違いになります。

また”治った”と思えても、いつでも<再発>する恐れが常にあり
今はまだ健康な人であっても、いつ基準値を超えてしまうかは分からず

どんな人にとっても「予防」が大切なことになります。

回りくどい解説になってしまいましたが、その鍵を握っている要素が
「インスリン」の分泌環境・機能ということになります。

つまり血糖値を正常値に保つためには、このインスリンを正常に保つことが不可欠になります。

「食事療法」と「運動療法」では、インスリン環境を改善することはできません。

食事量を制限することによって、確かに負担を減らすことはできますが
それと「改善」とは、全く異なるものになります。

日々の負担が減ることで、回復するということもあり得ることですが
それとは別に「高血糖に効くとされる食材」や「サプリ」といった
プラスアルファを加えることが、より効果的な対処になります。

そのための手段・アプローチというのは、日々研究され続けており
”糖尿病に効果的なのでは?”と考えられる成分・アイテム等も、開発されて続けて言います。

「クロムフェリン」とは

そして、最近発見された「高血糖に効果があるのでは?」と
考えられる成分に「クロムフェリン」というものがあります。

クロムフェリンとは、
「クロム」という「ミネラル」と、「ラクトフェリン」という「たんぱく質」を結合させた成分であり
糖尿病のメカニズムに対する、直接的な効果が非常に注目されている成分になります。

「ミネラル」と呼ばれる栄養素は、「ビタミン」と同じく数種類存在し
それぞれ違う働きを行い、違う効果を持っているものになります。

「マグネシウム」が「ナトリウム」の中和作用を持ち、
「高血圧」の改善に効果を及ぼすなど、その関係性にも注目すべきところがたくんさんあります。

糖尿病に関して言えば「亜鉛」も、血糖値・インスリンにとって
メリットのある成分であることが分かっています。

インスリンの分泌・働きをよくする栄養素と食材

エネルギー代謝を向上させる「クロム」

数あるミネラル成分の中でも、クロムと呼ばれる成分は
「ブドウ糖」と「脂質」の体内での循環・代謝に対し、影響を与えると考えられています。

しかしながらクロム単体の吸収率は非常に悪く、届く前に劣化してしまい
食事などによる摂取では、効率的な効果を得られないことも多いことが現実です。

そこで、ラクトフェリンと結合させることで
吸収率を上げることを可能にしたものが、クロムフェリンになります。

「クロムフェリン配合アイテム」はまだまだ貴重な存在

クロムフェリンが、糖尿病の改善に効果があることは賛否両論ありますが
マイナスの影響があるというわけではなく、少しでも改善を望むのであれば「朗報」ともいえる成分です。

また誰にとっても効果のあるものというのは、「薬」として販売されるものになります。

現段階でクロムフェリンを配合したアイテムは、薬ではなくサプリとして摂取することが可能です。

「薬」は研究・実証期間が長いため、実用化するまでに時間がかかりますが
サプリであれば「食品」に分類されるため、医師の処方がなくても試すことができます。

クロムフェリンを配合したサプリ等のアイテムは、希少な成分であることから数が少なく
また他のアイテムに比べ高価であるため、1つのアイテムに利用者が偏ってしまっています。

一方で利用者がいるということは、安心して利用することができる証拠でもあります。

今はまだ「怪しい」と思っている人が多く、”確実性”に乏しい段階の成分ではありますが
健康に害があるというわけではなく、メリットを考えられるものでもあります。

早い段階で、前向きに試してみても無駄にはならないはずです。