2大糖尿病サプリ「グラシトール」と「”ルックルック”イヌリンプラス」の効果の比較と併用について

糖尿病の予防のための成分

ルックルックイヌリンプラス

当サイトで紹介している、「糖尿病サプリ」と呼ばれるアイテムも
昨今では非常に種類が多いものであり、「選ぶのも一苦労」と言えるほどに
「サプリアイテム」における、1つの一大ジャンルへと発展してきました。

ある意味で、幸せな状況とも言えるものですが
「どれがいいのか分からない」とうことを理由に、利用し始めることを
先送りにしてしまうという、非常に”もったないない”状況にある方もいるかもしれません。

「選択肢が増える」というメリットには、つきものの問題と言えますが
できる限り早くより有効な改善策を始めるためにも、ここで「2大糖尿病サプリ」を比較してみたいと思います。

2大糖尿病サプリ(あくまで、当サイトでの判断として)とは・・・

  • 最も利用者が多いと考えられる「グラシトール」
  • トータルバランス・コスパに優れた「”ルックルック”イヌリンプラス」

この2つであり、そのどちらも、また当サイトで紹介している
その他のサプリに関しても、有効であることに違いありませんが
以上の2つのサプリというのは、その「効果の内容の違い」が非常に顕著と言えます。

また糖尿病サプリ全体を考えた際にも、「象徴的な差」があるため
あくまで例として、より効率的な利用をするための指針になればと思います。

糖尿病(高血糖)に限らず、あらゆる健康トラブルの症状には違いがあり
だからこそ、自分にとって効果的なものを探す・試すことが非常に大切なのです。

下げる・上がるのどちらに働きかけるのか

糖尿病サプリの比較に関しては、

糖尿病サプリ「グラシトール」と「アラプラス 糖ダウン」の効果の比較

「”ルックルック”イヌリンプラス」と「糖ダウン」の比較~それぞれの効果の仕組みの違い~

以上の記事でも解説していますが、

  • 血糖値が上がる仕組み
  • 血糖値を下げる仕組み

以上のどちらの過程(近い段階)に働きかけるのか、ということになります。

「下げるサポート」となるリーズナブルなアイテムは貴重

当サイトのランキングでも「殿堂入り」としており
また「販売年数」や「利用者からの支持」といった面で考えて
最もおすすめと言えるアイテムが、「グラシトール」になります。



ピニトールが持つ、「インスリンの働きをサポートする」という働きからも
<下げる>段階においてこそ、力を発揮するサプリであると言えます。

血糖値を下げる成分というのは、「インスリン」しか存在せず
「グラシトール」(の主成分であるピニトール)は、あくまで「サポート」となりますが
「サポートする成分」に関しても、ピニトール以外には目立ったものはないのです。

だからこそ、「せめて助けるだけも」ということから
ロングセラーアイテムとして、常に変わらず・一定の人気を得ていることになります。

「グラシトール」の詳しい解説はこちら

「そもそも上げない」という根本的な回避

そして、当サイトのランキングには組み込んでいないものの(発売間もないため)
非常に幅広い成分(同時に効果も)を含む「”ルックルック”イヌリンプラス」
「血糖値が上がりにくくする」という、<上がる>段階において効果を発揮するサプリと言えます。

ルックルックイヌリンプラス

「イヌリンプラス」の主成分・特に希少な成分と言える、
「イヌリン」と「サラシア」は、「食後血糖値の「上昇を抑える」という効果があり
「高い血糖値」という糖尿病における、そもそものリスクを減らす効果があります。

高くならなければ、インスリンの必要量・負担は減るものであり
それは「インスリン環境の疲弊」という、高血糖の根本的なリスクの減少につながります。

「”ルックルック”イヌリンプラス」の詳しい解説はこちら

自分の体が”どの段階なのか”で決める

以上の2つのサプリは、その配合成分の特徴を考えて
「自分の血糖値の段階」を中心に見極め、利用することがより効果的な方法と言え

基本的には、

「グラシトール」は「高くなってしまった後に」

「ルックルックイヌリンプラス」は「高くなる前に」

と考えることもできます。

※共に「薬」ではないため、確固たる効果を得られない場合もあります。

また糖尿サプリに限らず、あらゆる健康食品は「経過の様子」を見守ることが重要であり
自分にとってより効果的なアイテムを見つけるための、大きな鍵となります。

もちろん、血糖値が一定の値を超えてしまった場合には
医療機関での、しかるべき治療(インスリン治療)が必要であり
また本来であれば、サプリを利用せずに健康状態を保つことが理想です。

サプリだからこそ”両方同時に”試すことも

サプリとは、「自己判断」で購入・使用する難しさもありますが
医師による処方の必要がないことで、利用する際の自由度が高いメリットもあります。

「グラシトール」と「ルックルックイヌリンプラス」の両方を同時に利用することも可能なのです。

両方の利用は経済的な負担も増えるため、可能な場合が限られてしまうことも多いと言えますが
「徹底的に」と考えるのであれば、検討してみてもいいはずです。

そもそもは、「あらゆる意味でロスの少ない利用」のために
その効果と自分の状況を照らし合わせることが、まずは大切な考え方になります。