「ポリフェノール」が血糖値を下げるために効果的な理由~特におススメの「グアバ葉ポリフェノール」とは~

糖尿病の予防のための成分

”結果的に高血糖の改善につながる成分”は意外に少なくなく、
日常的な食事の中で、カロリー過多に注意して摂取することで
効果的な予防・改善につながるため、ぜひ取り入れたいものと言えます。

そしてその中でも、ぜひ注目しておただきたいものが
「ポリフェノール」であり、「抗酸化成分」として知られるこの成分は
血糖値に関しても、非常に大きなメリットのあるものでもあります。

「結果的に血糖値改善につながる」ということを考えた際には
様々な角度からのアプローチを考えることができますが、
ことポリフェノールに関しては、血糖値が上昇する際の「キーマン」となる
「α-グルコシダーゼ」という成分を、抑制する働きがあります。

つまり、「血糖値の上昇」という根本的な要素に働きかけることができ
この働きは結果的に、正常な状態hじぇと近づけやすくなるものになります。

もちろん抗酸化成分としての、基礎的な働きによって
高血糖の状態によって傷ついてしまった、動脈硬化の傾向にある「血管」に対しても
メリットを与えるものであり、健康トラブルを抱えた中高年の方にとって
特に意識して摂取すべき、様々な有効性の見られる成分なのです。

様々な種類がある「ポリフェノール」

ひとことで「ポリフェノール」といっても、
それはあくまで、「ビタミン」と同じニュアンスであり
ポリフェノールにも、様々な種類があります。

  • ワイン・ブルーベリーに含まれる「アントシアニン」
  • 緑茶に含まれる「カテキン」
  • チョコレートに含まれる「カカオポリフェノール」
  • コーヒーに含まれる「クロロゲン酸」

こうして見てみると、日常的に摂取することも多い比較的手軽な成分であることが分かりますが
「グアバ葉ポリフェノール」こそ、より大きな効果を持った成分であることが分かっています。

「腸内」でのブドウ糖の吸収を抑制する

グアバ葉ポリフェノールとは、「グアバ」の葉に含まれる成分であり
腸内での、ブドウ糖の吸収を抑制する働きを持っています。

「サラシア」や「難消化性デキストリン」が持つ働きと
似た働きと言えるものであり、こと「腸内で」という最終的な吸収段階で
その働きを抑えることに関して、より効果的とされます。

更に炭水化物をはじめとした、最終的に糖へと代謝される栄養素に関して
その過程における、分解酵素の働きを弱める効果もあり
そもそもブドウ糖へと、変換する過程を抑制する働きもあるとされます。

グアバという植物は、ジュースとしての商品も存在しますが
日本人にとっては、それほど馴染みの深いものとは言えません。

そのため、やはり「サプリ」による摂取が効果的であると言えます。

当サイトで紹介している、「サラシアプラス」にも
「グアバ葉成分」は含まれ、その他の成分と合わせてて摂取することで
非常にコストパフォーマンの高い、トータルケアができるアイテムになります。



「サラシアプラス」に含まれる成分は、高血糖にとどまらず
幅広い生活習慣病のケアにつながる成分も多く、
長年利用者の多い、ロングセラーアイテムでもあります。

健康に関する悩みが多い・トータルケアをしたという方には、ぜひおすすめです。

「サラシアプラス」の詳しい解説ページはこちら