糖尿病の予に効果的な成分「フコイダン」とは

糖尿病の予防のための成分

<血糖値を下げる>という、明確な効果を持った成分は「インスリン」しか存在しないものの
結果的に血糖値の正常化に対して、アプローチすることができる成分は多数存在することになります。

「難消化性デキストリン」や、「サラシア」といったブドウ糖の吸収を抑えるもの
また「乳酸菌」による、腸内環境の改善・正常化は
インスリンの分泌・機能の改善という、高血糖の根本的なケアにつながります。

そして、そんな数ある「血糖値のために摂取したい栄養素」の中でも
昨今注目されている成分が「フコイダン」であり、一般的にはあまり知られていない成分である一方
糖尿病だけでなく「生活習慣病」の様々なトラブルに効果的なものとして期待されています。

万能成分として注目されている「フコイダン」

フコイダンとは、「海藻類」その中でも特に「もずく」に含まれる
「糖」の集合体(多糖体)一種であり、難消化性デキストリンと同じく
「食物繊維」として扱われ、「ネバネバ」とした部分に含まれる栄養素になります。

  • 抗炎症作用
  • 免疫の活性化(抗アレルギー)

といった機能があるとされ、研究が続けられている成分です。

細胞といった、身体の構造の根本にあるものに対する様々な効果が注目されていますが
特に<抗がん作用>は、画期的なものとして話題になりました。

※フコイダンの抗がん効果は、明確に判明しているものではありませんが
細胞の異常を抑えるという面で、ガンの発症を抑えると考えられています。

まだまだ研究途上にある成分であり、全てが彰かにされた成分ではないことに加え
”体にいい”という漠然とした効果にもかかわらず、昨今非常にアイテム数増加しています。

そしてその中の1つとして、生活習慣病という1つの”傾向”に対して
オールマイティーな働きをすることで、血糖値のケアとしても利用する方は増えてきました。

フコイダンの血糖値への効果

フコイダンが持つ、生活習慣病改善に期待できる効果として
まずは、「血中(悪玉)コレステロール」の減少効果を挙げられます。

血中脂肪の増加は、動脈硬化に直接的な原因につながるものであり
動脈硬化は、生活習慣病・その合併症の核となる症状です。

また、同時に「血液凝固抑制作用」を持っており
こちらも動脈硬化・血液の”詰まり”を予防することにつながります。

そして、血糖値に悩む方にとって最もメリットのある効果が
「高血糖抑制効果」であり、まだまだ動物実験の段階にはなりますが
血糖値の上昇を抑える、常時高血糖の解消につながる機能として期待されます。

生活習慣病の根本的なケアにつながる

「腎臓」と並び、非常に重要な使命を持つ「肝臓」の細胞を
再生する体内分泌物質である「HGF(肝細胞増殖因子)」の増殖も
フコイダンに含まれる効果として、注目されています。

肝機能の低下は、体全体の代謝機能の劣化につながるものであり
もちろん、インスリン環境の悪化・糖尿病のリスクの上昇にもつながるものです。