高血糖の改善につながるおすすめの神の草「日本山人(ヒュウガトウキ)」の効果

糖尿病の予防のための成分

ルックルックイヌリンプラス

「日本山人参」と呼ばれる植物に関して、詳しくご存じの方は一般的に少ないと思われますが
生活習慣病を中心とした、トラブルを抱える方の中には興味を持つ人が多い存在になります。

日本山人参は「ヒュウガトウキ」とも呼ばれ、現在ではこちらの方が一般的と思われます。

「健康のために、<体にいい>と言われているお茶を飲む」ということは
それほど珍しくはない健康法であり、また単なる「緑茶」であったとしても

「カフェイン」という要素以外は、基本的には「体にいいもの」と言えます。

日本が長寿国である、1つの理由であるとも考えられています。

一方でいわゆる「緑茶葉」に加え、特別な植物を使用したお茶も数多く
その中でもヒュウガトウキを配合したお茶は、血糖値に悩む方にぜひおすすめアイテムです。


「日本山人(ヒュウガトウキ)」とは

ヒュウガトウキは、九州地方の一部にしか生息しない「セリ科」の植物であり
「神の草」と呼ばれるほど、はるか昔から”万能”な働きをするとして知られていました。

現在は「絶滅危惧種」の1つとして、より貴重な存在になっており
一方で加工技術の向上から、お茶だけでなく「サプリ」としても販売されています。

従来は、「漢方」のような扱いをされてきた存在にと言えますが
現在では、その万能と呼ばれる働きの詳細も解明されています。

ヒュウガトウキの効果

ヒュウガトウキは、

  • 冷え性の改善
  • 免疫力改善
  • 血糖値の改善
  • 高血圧の改善
  • 滋養強壮

といった、様々な目的に利用されてきた食材になりますが
それぞれにある程度の根拠がないことには、現在では通用しないことが現実です。

そして以上の非常に幅広いと言える効果は、ヒュウガトウキに含まれる
「YN-1」と呼ばれる成分の働きが大きいと考えられます。

YN-1は「抗酸化成分」であり、また血液の質を向上させる働きがあるとされており
その結果として血流が改善することで、「冷え性(肩こり)」や「高血圧」の状態が
改善に向かっていくことは、非常に理に適ったものと言えます。

また抗酸化に加えて、「抗菌力」も備えた存在であり
殺菌効果によって、風邪を引きにくくなることどから
「免疫力」や「滋養強壮」といった効果に、つながったと考えられます。

このように、「言い伝え」として知られていたことが
現代における事実を重ねることで、”だいたいそのようになる”ということは多いと言えます。

ヒュウガトウキの血糖値への作用

そして最も気になる、ヒュウガトウキの血糖値への作用ですが
こちらに関しても、”結果的にインスリンを増やす”ことにつながることから
糖尿病予防・改善につながるとして、古くから利用されていると考えられます。

これに関しても、あくまで”結果的に”という注釈が付きますが
ヒュウガトウキに含まれている、「イソプテリキシン」の働きがその鍵を握ると考えられます。

肝機能の向上でインスリンを活性化させる

イソプテリキシンは、中性脂肪の代謝を活性化する機能を持っており
肝臓に蓄えられた中性脂肪の分解は、そのまま肝機能の向上につながります。

そして肝臓というのは、様々なホルモンの分泌の会議を握る器官であり
インスリンに関しても例外ではありません。(実際に分泌されるのは「膵臓」)

※参考記事「脂肪肝」の症状が糖尿病のリスクを上昇させてしまう

肝脂肪の解消による、インスリンの活性化というのは
血糖値が高い方にとって、まず最初に始めるべきアプローチと言えます。

そもそも、「痩せるための働きかけ」というのは
生活習慣病の基本的な改善につながる、必ず実践すべきことです。

そしてその効率化につながる、ヒュウガトウキを配合アイテムは
生活習慣病全般に悩む方に、ぜひ習慣化して欲しいものの1つです。

>>一番売れている!おすすめのヒュウガトウキブレンド茶はこちら