インスリンと同じ働きをしてくれる・代わりになる成分(栄養素)はあるのか

糖尿病の予防のための成分

ルックルックイヌリンプラス

「糖尿病」の決定的な要因となる現象として、
やはり「インスリン」の分泌異常・機能不全が挙げられます。

それによって、<血糖値をうまく下げることができなくなる>ことで”常時”高血糖の状態に陥ります。

そして、高血糖の症状が一定の段階まで進行してしまい
食事療法・運動量療法では、カバーできないという場合に
「外部」から、インスリンを体内に注入することになります。

その方法として、現在では「インスリン注射」によるインスリン投与が一般的であり
「いつ過度に上昇してしまうか分からない」ため、理にかなったものでもあります。

また、インスリンの飲み薬「経口薬」は存在することがしますが
手続きや検査等、様々な面でハードルが高く、一般的ではないことが現実です。

「痛くない」且つ「手軽な」注射器の開発は、常に進められてきたものであり
インスリン注射は、”以前に比べれば”大掛かりなことではなくなりました。

しかし、そういったインスリンの直接的な投与ではなく
同じく”外部から”による”食事による”血糖値ケアとして
インスリンと同じ働きをする・代わりになる成分での摂取が
最も理想的な、高血糖のケアだと思う方も多いと思います。

”血糖値を下げる食材”は存在しない

”高血糖”と診断された患者が、まず思い浮かべることになる
典型的な考えとして、「血糖値を下げる食べ物はあるのか?」ということが挙げられます。

しかしながら、本来「食事」とは血糖値を上げる・上がるものであり
食べ物を摂取することによって、血糖値が下がることがありません。

全く真逆の現象を引き起こす行為なのです。

つまり、血糖値を下げるための「食事(栄養素)自体」は存在しません。

「インスリン」に似た働きをする成分の摂取

そのため食事による直接的な血糖値の減少ではなく、食事を摂取した後・体内に入った後の段階で
”体内で”インスリンの代わりになる成分を摂取することが、最も現実的な考えになります。

こういった成分に関しても、常に研究がなされてきたものであり
近年では、「ピニトール」という成分にインスリンと似た働きがあることが判明しています。

植物性のインスリン成分「ピニトール」

ピニトールは「植物性インスリン」とも呼ばれている
<糖の代謝>に働きかけることができる成分になります。

主に「アイスプラント」という植物に、豊富に含まれる成分であり

インスリン機能を失いかけている人にとって、非常に嬉しい成分であると言えます。

ただし、アイスプラントはそれほど一般的な食材ではなく
また食事から「だけ」では、微量にしか摂取できないため
「サプリ」によって、摂取することが現実的な手段になります。

ピニトール配合サプリ「グラシトール」の解説ページはこちら


”糖尿病になる前”に始めるべき

「グラシトール」を始めとした、血糖値に働きかけるサプリは
「糖尿病」にまで発展してからの使用では、”それ以前の健康の状態”と比べそれほど有効ではないものです。

血糖値に関して、何らかの懸念材料が見つかり次第
”できるだけ早く”取り入れるべきものであり、早ければ早いほど効果が得やすいと言えます。

また「まだ大丈夫」という段階であっても、加齢によって確実にリスクが上昇するものであり
<可能性を低下させる>ために、利用することも有効であると考えられます。