高血糖による糖尿病の症状

糖尿病の初期症状は、一般的に知られるものも多いですが
早い段階では、基本的に「自覚症状がない」ことも多く
自覚症状を感じた頃には、かなり症状が進行している状態だと思うべきです。

ただし”目に見える”症状もあるため、初期の段階で発見することができる場合もあり
体の変化を意識していることで、早めに対処・対策を始めることも出来ます。

常に血糖値が高いことで引き起こされる症状

体が高血糖の状態になった際に、体が感じる・目に見える
典型的な・起こりやすい症状を紹介していきます。

喉が渇く

高血糖とは、血液中のブドウ糖の濃度が慢性的に上昇している状態であり
それはつまり「血液の濃度」が濃くなっている状態でもあります。

そのため、浸透圧を一定に保つために「高くなりすぎた血液の濃度」
薄めるための水分を、血液に供給する必要があります。

体中の細胞から、浸透圧の維持のために必要な水分が集められますが
それによって、今度は細胞の水分が足りなくなり
その分を外部から摂取するようにシグナルを送る必要があります。

その結果として、喉が渇きやすい状況が生まれることになります。

頻尿(多尿)

体の浸透圧を正常に保てなくなった体は、非常に不安定な状態であり
水分の過剰な水分・過剰な排出(排尿)を起こしやすくなります。

何とか浸透圧を調節するために必要なことであり
同時に、この不安定な状態が様々な器官のトラブルに発展する場合も多いです。

また、インスリンの機能によって血糖値を下げることができないため
尿によって排出しようとする働きも、体の中で発生します。

基本的に喉が渇きやすくなっているため、過剰に水分を摂取し過ぎて
体内で吸収出来なかったものが、そのまま出てしまうということもあります。

尿が泡立つ

”これぞ糖尿病”として知られる症状です。

尿には様々な栄養分が含まれていますが、健康な人は尿に含まれる栄養素が一定以下になっています。

高血糖の状態によって腎臓がダメージを受け、機能が低下しているため
尿をしっかりと「ろ過」することができず、そのまま流れ出てしまうことになります。

それによって「濃い尿」が排出されることになり、泡立ちやすくなります。

倦怠感・だるさを感じやすくなる

糖尿病の状態は、ブドウ糖の代謝が正常に出来ない状態です。

代謝がうまくい出来ないということは、エネルギーを生み出せない
効率的にエネルギーを使うことが出来ない状態になっているということであり
体が疲れやすく、ちょっとした活動で「エネルギー切れ」を起こしやすくなります。

食べているのに痩せてしまう

正常な代謝が出来ない状況では、いくら栄養分を摂取しても
うまくエネルギーに変換することができません。

そのため、「いくら食べてもまだ足りない」状態になってしまい
慢性的にお腹がすいている状態になってしまいます。

またうまく代謝ができないということは、各種栄養素を適切に吸収することができないことでもあり
「いくら食べても太らない」体になってしまう傾向があります。

特定の「栄養失調」に陥りやすく、危険な症状です。

初期の段階では自覚が難しいからこそ意識する

以上に挙げたものは、特に感じやすい・出やすい症状ですが
糖尿病を始めとした生活習慣病は初期段階では症状が出ないものも多く、早期発見が難しい現実があります。

しかし、初期の段階で「自覚」することは非常に困難ですが
体調の変化に敏感な体の人は、気付ける場合もあるかもしません。

そうでなくとも、早期発見のために「身に覚えのある」人は
常に体の変化に敏感になっている必要があります。

以上の症状をよくチェックし、少しでも違和感を感じた場合はすぐに改善に取り組みましょう。

糖尿病対策のサポートサプリランキングへ