高血糖が招く「糖尿病性神経障害」

糖尿病が進行することによって、発症する合併症は様々ありますが
その中でも、最も早い段階で発症する症状が「糖尿病性神経障害」です。

糖尿病性神経障害はその名の通り、高い血糖値が招く神経の障害であり
神経に関する疾患ということは、様々な体のトラブルに発展する可能性があります。

「最も早い段階」ではありますが、この症状を発症した時点で
「高血糖レベルではない」完全な糖尿病が「ある程度」進行しています。

この症状を発症してしまったら「猶予はない」と感じ
「本気で」改善に向けた計画を立てなければならない段階になります。

この段階あれば、まだ”ギリギリ”改善する望みがあると考えられます。

「感覚」に異常が起きる

糖尿病性神経障害の場合、症状が現れる部分として
神経の中でも特に「末梢神経」への影響が大きいことが特徴的です。

この末梢神経の中でも、特に「知覚神経」と呼ばれる”感覚”を感じる機能を持った神経に影響が現れます。

知覚神経にトラブルが起きることによって発生する弊害としては、
指先や肌等の感覚が無くなってしまう(鈍くなる)ことで”痛み”を感じることができないために
裂傷や骨折の発見が遅れ、化膿や重症化する等の例が特徴的です。

「糖尿病性神経障害」の初期症状

まず、体の末端であるくるぶしから下の

足・指先の部分に

  • ほんの少しの「ピリピリ」した痛み
  • 「ジンジン」とした痺れ

これらが現れ始め、進行することによって「手」にも現れることが特徴です。

更に進行してしまうことで、それらの痛み・痺れが段々と増していきます。

しかしこれらの自覚症状を、はっきりと感じる人は少なく
「虫が這っているような」ゾワゾワした感覚を感じる人の方が多いようです。

”感じなくなってしまう”ことによるリスク

知覚神経障害によって鈍くなった感覚は、体の表面だけでなく内臓等のトラブルの発覚を遅らせます。

糖尿病の進行した症状として有名な「壊死(壊疽)」
鈍くなった感覚の結果として招いてしまうことも珍しくないケースです。

自律神経への影響

糖尿病性神経障害による最も重い症状は、「自律神経」に影響が現れてしまうことによるトラブルです。

自律神経のトラブルによって、体に現れる症状は無数にあり
ピンポイントで予想することが、非常に難しい問題です。

あらゆるトラブルを想定しておかねばならず、血糖値はもちろん
その他の「高血圧」や「眩暈」といった、各種「更年期障害」のような症状を想定することが必要です。

この糖尿病性神経障害が起きるメカニズムは完璧には解明されていません。

しかし、高血糖状態が続くことによって、毛細血管の隅々まで酸素・栄養素が
運ばれなくなってしまう現象が、大きく関わっていうことは間違いありません。

このメカニズムは、その他の糖尿病のトラブル・合併症の症状にも
共通していることであり、根本的な問題はどれも同じということになります。