サプリで血糖値ケアを始めよう

代表的な生活習慣病である「糖尿病」は、誰もが知っている有名な疾患ではありますが
初期段階での自覚症状が少ないため、「気付いたらなっていた」という典型的な症状でもあります。

糖尿病は、「高血糖」の状態が進行し一定基準を超えることで
常に血糖値が高い状態となってしまうこと、それによって様々なトラブルが体に起き始める状態です

そして”そこまでの状態”にまでなってしまったら、基本的には完治することは非常に困難になります。

「生活習慣病」と呼ばれる症状は、基本的に症状が顕著になってしまった後には完治しません。

つまり、<予防>が何よりも重要になる疾患と言えます。

その中でも、糖尿病は特に”やっかい”な症状です。

それは「すべての引き金」になってしまう可能性が高い症状であるためです。

だからこそ、起こしてはならないのです。

高血糖の予防・改善は、日常生活の積み重ねによって少しずつ進めることが理想ですが
サプリを利用することによって、より効果的に対策を立てることができるはずです。

ここでは、まず最初におすすめの高血糖向けサプリをランキング形式で紹介します。

血糖値対策におすすめのサプリランキング

グラシトール

ルックルック・イヌリンプラス

糖ダウン

糖通打破

サラシアプラス

紅菊芋パウダー

”薬”ではない日常習慣に

以上で紹介したアイテムは「薬」ではなく「サプリ(健康食品)」であり
基本的に「天然成分」をベースとしているため、
アレルギー反応が出ない限りは、安心して利用することができます。

それぞれ異なる特徴・角度から作られており、自分に合ったアイテムを探してみてください。

サプリの効果には個人差があります。

自分の体・症状に合ったものを続けていきましょう。

※※※血糖値ケアには青汁の利用もおすすめ!※※※
「ヘルスマネージ大麦若葉青汁<難消化性デキストリン配合>」の効果と口コミ

【手遅れ】になりやすい症状だから【早く】始めることが大切

高血糖・糖尿病の進行によって発生する、最も恐ろしいリスクが「合併症」と呼ばれる
その他の臓器・器官の、新たなトラブルを引き起こしてしまうことです。

「失明」「壊死」そして「人工透析」という言葉を耳にしたことがある方も多いのではないでしょうか?

これらは高血糖が引き起こす合併症によって引き起こされる、末期状態に近い症状と言えます。

「末期状態」とは言いますが、ここまでに至ってしまう人が
非常に多く、増加しているということが現実としてあります。

そして、合併症の症状は多岐に亘り「老人」と言われる年に「なる前」に
「手遅れ」「元には戻れない」症状に至ることも珍しくありません。

糖尿病が進行した結果引きこされる、様々な体のトラブルによって
「今まで送ってきた」日常生活を、まともに送ることが困難になります。

目が見えなければ1人で外出することも困難になり
「人口透析」を受ける段階では、定期的に通院し療を受けなければならず
そして基本的には、その状態が一生続くことになります。

効率的なケアが必要

高血糖になっている、また不安がある状態であっても
基本的には、日々の生活を改めて「症状を出来るだけ進行させない」ように
”体にいい生活習慣”を心がけていくしかありません。

これは高血糖の初期段階に始める、食事療法・運動量といった「制限」を設ける対処です。

しかしそれだけでは不十分であり、食い止めることができない場合も多く
”いずれ”は糖尿病にまで至る例が多くなっています。

そこで、このサイトでは少しでも効率よく糖尿病を対策していくために
サプリ等を用いた、一歩先の習慣を取り入れることを推奨しています。

当サイトで紹介しているアイテムは、「1日100円」程度から始められるものも多く、
あらゆる面で負担のないように、取り入れることができるものを紹介しています。

あくまで”サポート”でもある

サプリは、糖尿病を「治す」ものではありません。

しかし、効率的な対策のサポートになり
使わないよりは、使ったほうがいいことには違いがありません。

そして、始めるのが「早ければ早いほど」大きな効果が期待できます。

本来は「血糖値が上がってきたから」ではなく
「上がり始める」前に、習慣として、取り入れるべきものです。

「防げるはずだった糖尿病」を発症しないための習慣です。

しかし、病状が進行してきてしまった後でも
出来る限りのことをしていくことは非常に大切です。

まずは、自分の症状や生活習慣を振り返ってみて
自分のライフスタイルにあったものから検討してみてください。

糖尿病の基礎知識

糖尿病の症状

糖尿病に至る原因

糖尿病の種類と合併症

糖尿病の対策と改善策

血糖値改善の秘訣

「低血糖」の方をのぞけば、一定の年齢以上の方の血糖値に関する悩みは「高い」ということであり
「糖尿病」と診断される段階であれば、「高いまま下がらない」というものだと思います。

当サイトでは、これまで血糖値が高い・下げたい方に向けたトピックを発信していますが
血糖値を下げるためののアプローチ、その選択肢が非常に豊富な時代であると言えます。

しかしながら、そもそも「必ず血糖値が下がる方法」というものは存在せず、
そういったものがあるのであれば、糖尿病で悩む・苦しむ人は存在しません。

ただし、「できるだけ多くのアプローチを知っている」ということは
高血糖・糖尿病の問題に関わらず、改善できる範囲が広まることは間違いありません。

血糖値を”下げる”ことと”上げない”ことの両方が大切

まず、高血糖の問題を解決するためのアプローチとしては
<下げる>ということに加えて、”上げない”ということも重要な考え方になります。

「すでに常に高い状態が続いている」という人というのは、
どうしても、「下げなくちゃ!」と考えがちですが
高いからこそ、より高い状態になってしまうことはリスクと言えます。

また、そもそも常時高血糖の状態である糖尿病に陥る原理由として
”血糖値の急激な上昇の繰り返し”が、最も大きな要因であり
予防という面で考えても、これ以上悪化させないための考え方としても

血糖値の過剰な上昇を、抑制することは不可欠なのです。

本来、血糖値を下げることができるのは「インスリン」だけです。

「インスリンの代わり」に近い、と言える成分はいくつか存在しますが
やはり、根より本的な働きかけとしては、「インスリンの分泌の正常化」になります。

そもそも、「糖尿病を招く血糖値が下がりにくい状態」というのは
インスリンの分泌・機能不全によって、招かれることになります。

「インスリンの環境を壊さない」ことが、何よりも有効な糖尿病予防なのです。

血糖値を上げないためのコツ

そして、<予防>という観点から考えた際に
”下げる”と働きかけ以上に重要なものが、”上げない”という考え方になります。

そもそも「異常に高い」と言う状態を避けることができれば、下げる必要がありません。
最も重要なことは「食べ過ぎない」ことであり、「暴飲暴食の繰り返し」をしないことです。

非常に単純なことと言えますが、それができないからこそ糖尿病はなくなりません。

もともと「なりやすい(血糖値のコントロールが苦手)な体質」の人も存在し
注意していたとしても避けるのが難しい問題ではありますが
代謝が落ちてくる年齢になったら、より意識を高めるといった努力が必要です。

昨今耳にすることが増えた「トクホアイテム」の、その主流というのは
まさに「血糖値上昇の抑制」を目的としたものであり、一度手に取ってみることもおススメです。

日常的なサプリの利用がおすすめ

現代は、幅広いメーカー・種類のサプリが販売されている時代であり
非常に恵まれた環境であると言え、ぜひ前向きに検討すべきと言えます。

こういった健康問題に関しては、「自分に相応しい手段で」と言われることが多いですが
こと血糖値に関しては、全てのアプローチを試してみることも必要です。

なってしまってからでは遅いものであり、相応しいものをより早く見つける必要があります。

本当に大切なことは”正常化”

本来、高い血糖値の改善とは”正常化”ということになります。

そのためには、

  • 上がるべき時に上がる
  • 下がるべき時に下がる

という状態を作ることが重要であり、コントロールが上手くいかない状態であるのならば

  • そもそも上げすぎないように食べ過ぎない
  • ゆるやかに下げるために食後に軽い運動をする

といった、基礎的な働きかけは最低限必要なものと意識しましょう。