「糖質制限ダイエット」成功の秘訣~つらい食事制限を乗り越えるコツ~

糖尿病を予防するための習慣

ルックルックイヌリンプラス

血糖値が、基準値より高い状態の人というのは
痩せている人よりも、太っている人が多い傾向があります。

そもそも”血糖値が常に高い”状態を招く、「インスリン」の分泌環境の異常
そして、インスリン自体の機能不全は”暴飲暴食の積み重ね”が大きな要因です。

この要因は、同時に「体重の増加」を招くため
「糖尿病」と「肥満」は、同時に進行する可能性が高い症状です。

ここまで、回りくどく解説しなくても

  • 太っている人は血糖値が高めの傾向がある
  • 血糖値が高めの人は太っている傾向がある

といったことは、常識的なことでもあります。

そして、これらの状況を同時に解消・改善することは
非常に効率的なことであり、また自然とそうなるものであります。

特に「糖分(ブドウ糖になるもの)」の摂取を制限することによって
体重の減少を目的とする減量法は、「糖質制限ダイエット」と呼ばれ
非常に一般的な、実践者・経験者の多いダイエット法になります。

”結果的に”ブドウ糖になるもの全般を制限する

糖質制限ダイエットは非常に単純であり、「ブドウ糖」を含む食材の摂取を制限することです。

それによって、外部からのエネルギーの代わりに「中性脂肪」を燃やすことで減量を目指します。

そしてその際に制限するべきは「お菓子」といった、ブドウ糖が直接含まれるものだけではありません。

「炭水化物」といった、”最終的にブドウ糖になる”栄養素を含む

  • ごはん
  • パン
  • 麺類

これら全般も制限するべきものになります。

「主食を制限する」と考えた方が分かりやすいです。

”まんべんなく”毎食減らすことが大切

そして制限をかけていく際に最も大切なことが、「毎食」まんべんなく減らしていくということです。

これは「血糖値の改善」という側面から見た場合に、非常に重要なことになります。

インスリンは、基本的に「食後血糖値」を抑えるために分泌されます。

その負荷を少しでも抑えてあげるためには、「毎回無理させない」ということが大切です。

一般的なダイエットでよく聞かれる、
「お昼はたくさん食べてよい」というのは、血糖値に改善を目的に含む際には”NG”となります。

<継続>することができれば「失敗」にならない

糖質制限ダイエットの難しい点として、短期間で極端な制限をした場合に

  • 集中力の低下
  • 継続的なだるさ

といった「副作用」がつきものです。

これらが糖質制限ダイエットが続かない・難しいと言われる理由でもあります。

しかし「低血糖状態」というものは、しばらくしたら慣れるものであり
人間の体には<環境に合わせる>という力が備わっています。

そこでやめてしまうのは、非常にもったいないことです。

以上の副作用を克服した後には、真逆の効果である

  • 集中力の向上
  • 体調の改善

といった「好転反応」が待っています。

途中で挫折しないためには、じっくり・ゆっくりと様子を見ながら
徐々に負荷(糖質の削減)を増やす、といった長期的な視野で進めること大切です。

「タンパク質」をしっかり摂取する

以上の、一時的な体の不調は「筋分解」と呼ばれる
中性脂肪の代わりに、筋肉が分解されてしまうことで起きます。

この際に、

  • 出来るだけ筋肉が分解されないために
  • また分解されてしまった分をすぐに補えるように

「タンパク質」の摂取を心がけましょう。

炭水化物・ブドウ糖の代わりにタンパク質、というイメージです。

そもそも「減量」は高血糖の改善に不可欠な要素

血糖値をコントロールするインスリンの役目は、上昇し過ぎた血糖値を下げるだけではありません。

同時に「中性脂肪の分解」という役目も担っており、
エネルギーが不足した際に、中性脂肪を分解してエネルギーとして使える形に分解します。

特に「食事制限」を伴うダイエットをしていく際には
いかに「中性脂肪」をうまく燃やせるかが鍵になります。

そのため、インスリンの状態を正常に保っていくことが
効率的なダイエットにつながり、そのためには血糖値の改善が不可欠です。

全ての要素は、絡み合っています。

以上を意識した糖質制限ダイエットは、日常的に出来る最も効率的な高血糖の予防と言えます。

高血糖、そして糖尿病に至ってしまう根本的な要因が
「生活習慣」それも「食生活」にあることは、広く知られている常識的なことです。

しかしながら、糖尿病患者というのは増加傾向にあり
決定的な要因が判明しているにも関わらず、減少することはなく
むしろ増えている(生活病全般)、今や珍しくない社会現象となっています。

そしてそれは、「肥満」の人がいなくならないことと密接に関係しています。

ルックルックイヌリンプラス

「食べられない苦しさ」をできるだけ和らげる

高血糖と肥満、これらに深く影響すると考えられる、というよりも
確実に・最も大きく関わっている、「日々食事の内容」(食べ過ぎ・飲み過ぎ)に関しては
「食欲」という潜在的な欲求が素となる、誰もがリスクを持っているものになります。

だからこそ、血糖値の状態が致命的なものとなり”食べられない”という事態
「食べてはいけない」という状況に発展した際に、苦しむことになるのです。

食欲の大きさ・食へのこだわりは、食事制限のつらさと比例します。

しかしながら、「だからこそ、なりやすかった」と言えるものであり
食べることが好きなのであれば、より注意するべきだったと言えます。

とは言っても、

高血糖に陥ってしまった後に、悔やんでも仕方がなく
”今からできること”を実践しながら、食欲と戦っていくことが必要です。

”小さな過ち”の繰り返し

冒頭でも述べた通り、要因がはっきりしているにも関わらず
それでも糖尿病までに発展してしまう人が多いということは、
食欲というのは、それだけ抗うことが難しいものと言えます。

「でも、食べてしまう」のが人間であり・・・

それほど大げさに考えず、「大丈夫だろう・・・」とまた食べてしまう・・・

ほんの少しの油断を繰り返し、なかなか改善できないことが現実かと思われます。

本来であれば、せめて血糖値の上昇が顕著になってきた段階
言わば「イエローカード」の時点で、何らかの対処を行うこと
実際には、「極めて厳しい食事制限」が必須でもあるのです。

一度インスリンに関わる環境が破壊されてしまった場合には
今までと同じような生活をしていたのでは、確実に血糖値は上がっていきます。

サプリで「満足度」を上げる

昨今の生活習慣病対策、特に高血糖対策の主流は
食事の際に、摂取した「ブドウ糖」や「脂質」等の吸収を抑えて
「そもそもの血糖値(血中脂肪)」を、上昇させないことを目的とします。

主に「難消化性デキストリン」が配合された、「トクホアイテム」は
今やほとんどが、「食後の数値を抑える」ということが目的です。

当サイトでも紹介している「糖尿病サプリ」の中には、難消化性デキストリンだけでなく
「サラシア」といった、古くから利用されている成分を含んだものも多く
それらをうまく組み合わせて、日常生活に取り組んで欲しいと思います。

※参考記事:血糖値の急上昇を抑える成分「サラシア」と「難消化性デキストリン」の効果

「許容量」が増えることになる

実際に、非常に有効性の高いアプローチであり
特に「食べるのが好き」という方にとっては、朗報とも言えるコンセプトです。

これらの成分を、食事と一緒に摂取することによって
1回1回の食事のリスクを、減らすということつながり
「摂取しないよりは、限度が上がる」ということになります。

もちろん、だからといって今まで通り食べられるわけではありません。

しかしながら、

  • 食制限の効果
  • 我慢の量

これらにとってより効果的な働きかけであり、結果的にあらゆる意味で「楽」になるはずです。

繰り返しになりますが、生活習慣病の予防は「致命的になる前に」始めることが大切です。

またサプリでのケアは、あくまで「サポート」にすぎませんが
だからこそ、早い段階で負担を減らすことに効果があると言えます。

食後の血糖値の上昇を抑えること、特に急激な上昇を防ぐことは
糖尿病に至る最も大きな要因である、「インスリンの疲弊」を防ぐことになり
本来であれば、最も効果的・根本的な対策であると言えるのです。