「ピニトール」は食事から摂取することはできる?~ピニトールを含む食材には何がある?~

糖尿病の予防のための成分

ルックルックイヌリンプラス

「血糖値を下げるための方法」といった話題の中で、
最近になって語られることが多くなった栄養素に、「ピニトール」があります。

高い血糖値・糖尿病を、なんとかよくしたいと悩んでいる方は
自分でも様々な”効果的な方法”を調査しているはずですが、
その結果、有効成分の1つとしてピニトールに辿りつくことと思われます。

しかしながら、その「正体」に関して正確に知っている人は少なく
日常的な「食事」によって摂取できる方法はないか?と、探している方は少なくないはずです。

このピニトールとは、そもそも・一体どんな成分であり
食事によって摂取することは可能なのでしょうか?

またサプリを利用する場合には、どれが最も適切と言えるのでしょうか?

ピニトールに関しては、

インスリンと同じ働きをしてくれる・代わりになる成分(栄養素)はあるのか

以上でも一度解説していますが、ここで改めて掘り下げてみたいと思います。

ピニトールはどんな食材に含まれているの?

ピニトールは、一般的に手に入る食材の中では

  • 大豆製品
  • アイスププラント

主に以上の2つに含まれています。

しかしながら、「納豆には含まれない」といったことや
そもそもアイスプラントがそれほどメジャーな食材ではないことから、
一般的には、ピニトールという名称自体を知らない人が大半なようです。

知っている、という人は「高血糖」もしくは「妊活」といった問題に関心がある方だと思われます。

ただし、以上の食材を食事に取り入れることによって
ピニトールを摂取するには、非常に多くの量を摂取する必要があり”現実的ではない”と言えます。

高血糖に効果を見込める量”の目安として

  • 豆乳およそ1L
  • 大豆500~600粒
  • ピニトール約300mg

以上が必要であると考えられます。

そのため、十分な量を日常で摂取したいと考えれば
やはり、「サプリ」を利用することが適切であると言えるのです。

気になるなら「サプリ」でしっかり摂取するべき成分

そしてピニトールを配合しているサプリを選ぶとすれば、選択肢は「グラシトール一択」になります。

※現在「グラシトール」の紹介を停止しております。

「ピニトール」を配合したサプリも、他にあるにはありますが
「血糖値」ということを考えれば、「グラシトール」が最も適切と言えます。

自分の体に合ったものを選ぶ

ピニトールが血糖値のコントールにとって、有効なものであることには違いありませんが
血糖値を下げる・抑える働きにつながる「物質」は他にもあります。

このサイトで紹介しているサプリであれば、どれもおすすめできますが
特に”コスパ”が高いアイテムが、「イヌリンプラス」になります。

ルックルックイヌリンプラス

「”ルックルック”イヌリンプラス」の解説ページへ

最も大切な「インスリン」のサポートとして

ピニトールが、高血糖に対して有効であるという理由として
「インスリンの働きをサポート」する効果があることが分かっています。

糖尿病というのは「インスリンが効かなくなっている」状態であり
インスリンの働きに対して「鈍くなっている」状態であり
インスリンそのものの効き目が、弱くなっている状態です。

ピニトールには、インスリンの効果を”高める”働きがあるとされています。

これが「天然のインスリン」と言われる所以であり、「植物由来」ということも
ピニトールを配合した、「グラシトール」が人気の理由でもあります。

「多嚢胞性卵巣症候群」にも試してみて欲しい成分

また、ピニトールには「多嚢胞性卵巣症候群」と呼ばれる
「子宮」に発生する疾患に対しても、効果があると考えられています。

この症状に関しても、「インスリン代謝」が大きく関わるとされます。

「妊娠」にも関わるため、妊活を実践中の女性の中にも
「ピニトールサプリ」を利用している人も多いようです。



いわゆる「妊活サプリ」中にも、ピニトールを配合したサプリもあり
妊活中の方は、こちらを優先してみてもいいかもしません。

>>「ベジママ-VEGEMAMA-」の公式サイトはこちら

また出産を考えていて、尚且つ高血糖の傾向がある女性は
特に注意して欲しい症状であり、後々の血糖値にも影響する可能性が考えられます。

妊娠・出産によって高血糖が悪化し、そのまま糖尿病となるケースもあります。

いずれにしても、ピニトールが代謝に大きく影響していることは間違いありません。

心当たりのある方は、ぜひ注意してチェックしてみて欲しい成分と言えます。

「妊娠糖尿病」についての詳しい解説ページへ