「ゴーヤ」に含まれる血糖値を下げる効果のある成分と”体にいい”おすすめの食べ方

糖尿病の予防のための成分

<血糖値を下げる>という働きを持った成分は、基本的には「インスリン」のみであり
食事・食材というのは、血糖値を上げるためのものにしかありません。

しかしながら、結果として高血糖・糖尿病の状態にメリットのある
血糖値が気になる人は、ぜひ食べるべき食材というものも存在します。

結局は、その食材に含まれる成分が活躍することになりますが
整腸効果によって血糖値のコントロールをしやすくなる「ヨーグルト」や
インスリンの代謝に必要な「亜鉛」を含む「魚介類」といったもの等
意識して摂取するべき対象は、いくつか存在するものでもあります。

そしてその中には、「昔ながら」と言えるような食材も存在し
「ゴーヤ(ー)が糖尿病に効く」という迷信(?)を、聞いたことのある方もいるのではないでしょうか?

非常にヘルシーな食材

ゴーヤ(ニガウリ)の摂取が、高血糖に対して有効であるという説は
ゴーヤに含まれる「苦み成分」である、「モモルデシン」をはじめとして

  • チャランチン(インスリンの分泌の刺激)
  • コロソリン酸(インスリンの感受性の向上)

これらはが、インスリンに似た構造を持つたんぱく質として知られるためです。

「元祖植物性インスリン」とも言え、「ピニトール」の先輩とも言える存在になります。

”下げる”というよりは<安定させる>という働きに近く
高麗人参等に含まれる、「サポニン」に近いものと言えます。

日常的に摂取しやすい食材でもある

そもそもゴーヤーは、ビタミン・食物繊維が非常に豊富な健康食であり
食事の内容に注意すべき人ほど、意識して摂取すべき食材と言えます。

何より一般的に手に入りやすい食材であり、ピニトールを含む「アイスプラント」や
サラシア・桑の葉・難消化性デキストリンといった、特別な成分に比べて気軽に摂取できるものです。

また、「ゴーヤチャンプルー」といった炒め物は
豆腐等と組み合わせることで、満腹感・糖質制限がしやすいメリットがあります。

そして、それ以上におすすめのメニューが「酢ゴーヤ」になります。

「お酢」と一緒に摂取することでより効果的に

いわゆるお酢である「酢酸」には、食後血糖値の上昇を抑制する働きがあり
血糖値が気になる方には、「酢の物」といったものもおススメのメニュ-です。

そして、ゴーヤを酢に漬けた酢ゴーヤは
非常にシンプルながらも、非常に質の高い糖尿病予防メニューと言えます。

言うならば、ピニトールとサラシアを同時に摂取していることに近く
血糖値の安定のために無理なく採用できる、最も効率的なものかもしれません。

※参考記事:インスリンの分泌・働きをよくする栄養素と食材

酢ゴーヤは、穀物酢を含めお好きな酢にゴーヤを漬けるだけのメニューです。

「砂糖を入れる」というレシピもありますが、ぜひ「ノンシュガー」で試してみて欲しいと思います。

おすすめのゴーヤサプリ「糖素減」

このゴーヤは糖尿病に効くとされて以来、「ゴーヤ粉末」といったものが
一時的にブームとなったほどに、認知度が劇的な増えたものでもあります。

しかしながら、ゴーヤを使ったメニューが一般的になってきたことで
”サプリではなく料理で摂取する”という傾向が見られるようになり、
昔ほどには、ゴーヤアイテムというのはメジャーではなくなってしまいました。

そしてそんな中で、現在おすすめできるゴーヤサプリが「糖素減」になります。



主成分として、

  • ゴーヤー抽出物
  • ビール酵母

といったシンプルな内容に加え、難消化性デキストリンも含まれており
血糖値対策のための、強い味方となる内容です。

やや高価であることから、当サイトのランキングにも含めていないことが現状ですが
今なお利用者の多いロングセラーアイテムであり、”ゴーヤは苦手”という方を中心に
ゴーヤの力を実感してみたいという方にとって、試す価値があると言えます。

>>「糖素減」の公式通販ページはこちら