高血糖が招く「糖尿病性網膜障害」

糖尿病が進行した結果の、症状として知られている中でも
「失明」は最も重い症状の1つだと思います。

そして、その失明につながるリスクを孕んだ症状が
「糖尿病性網膜障害」であり、糖尿病が進行してきた結果として
非常に高い確率で発症してしまう「珍しくない」症状になります。

糖尿病が進行していく過程では「いずれ」ほぼ確実に
「網膜」への症状は現れるため、失明までいかないまでも
視力に関わる症状として、しっかり注意しておくことが必要です。

汚れた血液による恐ろしい症状

「網膜障害」は、高血糖によって血液の質が悪化した結果としての症状であり
機能不全のメカニズム自体は、その他のパーツにも起こり得る症状ではありますが
「視力の低下」という点で、糖尿病の合併症の”象徴”として扱われることの多い症状でもあります。

ブドウ糖を中心として血液の濃度が上がり、「血流」が悪化してしまうことによって
「網膜」まで酸素・栄養素がスムーズに運ばれなくなってしまうで引き起こされます。

網膜に酸素・栄養素が届かなくなることによって、細胞の「損傷」が起きてしまい
それに代わる新しい血管として「新生血管」という細い血管が作られますが
それ自体も壊れやすく、更に網膜を傷つけてしまうという”悪循環”が始まってしまうことになります。

気付きやすいようで見落としてしまうことも

”視力の低下”は、自覚症状として比較的分かりやすいものでもある一方で
日常的な・ありがちなトラブルとして、見過ごしてしまいがちなものも多くあります。

初期症状としては、

  • 目が霞む
  • 間が痛む
  • チカチカする
  • 視界に斑点が見える

といった「疲れ目」のような症状が現れます。

視力の低下のために訪れた病院の検査によって、糖尿病が発覚するケースも稀にあるようです。

放置することで着実に悪化していく

網膜に現れるこの症状は、症状が悪化するごとに視力の低下という結果として現れてきます。

一度症状(視力への影響)が現れてしまった場合、根本的な治療が非常に難しい症状でもあり
症状自体が、日常生活に非常に大きな影響を与えることになります。

周囲のサポートが必要なことも増えていき、自分自身が不安な精神状態に陥ってしまうことも多いです。

こういった結果は、糖尿病・それに付随する合併症が
引き起こす症状として、最も懸念すべきものであり
やはり「ここまで行く前にくい止める」ということが大切になります。