糖尿病の種類と合併症

糖尿病といえば、

”高血糖が進行した結果”として認知されていることが多く、
一般的には、「生活習慣病」の1つとして考えられがちです。

しかし、一口に”糖尿病”と言っても

その原因によって、

  • 1型糖尿病
  • 2型糖尿病

まずは、以上の2つに分けることができます。

1型糖尿病

生まれつき・先天的にインスリンを分泌できない・インスリンが正常に機能しない症状であり

幼い頃から定期的・日常的に「インスリン注射」等の、特別なケアが必要であることがほとんどです。

幼い時期は、食事制限等で症状を抑制することができたとしても
基本的に、”いずれは”インスリンの投与が必要になります。

遺伝子的な要因も多い自己免疫疾患であり、根本的な治療法は確立されていないことが現実です。

予防も困難であり、インスリン注射の過剰反応による
「急激な血糖値」の減少といった、特殊な状況へも対応しなければならず
常に血糖値のチェックが必須となる症状です。

2型糖尿病

一般的に認知されている、いわゆる「生活習慣病」の一種であり
今までの生活習慣が原因となって、高血糖の状態が継続する症状です。

インスリン環境のトラブルの結果として、
血糖値の上昇を抑えることができないことが直接的な原因です。

2型糖尿病の症状

2型糖尿病の原因

2型糖尿病の基礎的な対策と改善策

糖尿病対策にプラスしたいサプリランキング

糖尿病は様々な合併症を招く

糖尿病を中心とした、生活習慣病に含まれる恐ろしい特徴として
放っておくことで「合併症」を招き、またその合併症が更に他の合併症を招くことになります。

糖尿病の合併症は特に重大な悪影響を与える症状も多く、日常生活への影響が大きいことも特徴的です。

また高血糖の進行を止めない限りは、「必ず最悪の状態に辿り着く」ということも忘れてはいけません。

必ず合併症を発症する前に、何らかの対策を始めなければなりません。

”なってからでは遅い”と考える必要があります。

主な糖尿病の合併症

高血糖が招く「動脈硬化」

糖尿病が招く「糖尿病性神経障害」

糖尿病が招く「糖尿病性網膜障害」

糖尿病が招く「糖尿病性腎症」

非常に危険な「高血糖浸透圧症候群」

「妊娠糖尿病」による高血糖