「妊娠糖尿病」による高血糖

高血糖は、中高年だけのリスクではありません。

特殊な状況下においても、血糖値が上昇することもあり
特に<妊娠>をきかっけとして、高血糖の状態が持続してしまうことを
「妊娠糖尿病」と呼び、非常にリスクのある症状であると考えられます。

「妊娠糖尿病」の症状と原因

妊娠糖尿病は「生活習慣の積み重ね」という要素も少なく、遺伝的な要因も決定的ではない特殊な糖尿病です。

症状としては、一般的な糖尿病と同じく”食後だけでなく常に血糖値が高い状態”になります。

根本的な原因は、「不明」とされていますが
「女性ホルモン」の変化が関わっていることは間違いないだろうと考えられています。

女性の体は、妊娠することによってあらゆるものを「溜め込む」働きが活発になり

それによって

  • 便秘(排出しにくくなる)
  • むくみ(細胞内の水分量が増える)
  • 脂肪(あらゆる脂質を溜め込む)

といった、症状が顕著になります。

そういった働きの一部とも考えられていますが、やはり決定的な裏づけはないようです。

もともと高血糖の傾向があった女性はなりやすい

また、もともと高血糖の因子を持っており

妊娠をきっかけとして

  • 症状がはっきりと現れた
  • 検査によって発覚した

ということも考えられます。

「妊娠糖尿病」の胎児への悪影響

妊娠糖尿病の影響は、妊娠「している」女性だけでなく
胎児に対しても、大きなリスク及ぼすことが分かっています。

具体的には

  • 先天性障害の確率
  • 流産の確率
  • 早産の確率

これらの、深刻なトラブルが起きる確率を上昇させます。

妊娠中に起きるトラブルの中では、特にリスクが高いものを引き起こす重大な症状であり
慎重に経過を観察し、改善に向けた行動をとる必要があります。

「妊娠糖尿病」の治療

「妊娠糖尿病」の治療は一般的な高血糖の治療に比べて、”治療法が限られてしまう”という点で困難です。

妊娠中という状態では使用出来る処方箋も限られ、また糖尿病の基礎治療である

  • 食事療法
  • 運動両方

これらを徹底して行うことはできません。

基礎的な利用法の両方を「無理のない範囲」で、行っていくことだけに限られてしまい
”進行を止める”程度しか、対処できないことが現実です。

出産後の予後はそれぞれ

ほとんどのケースで、出産をきかっけに快報に向かいます。

しかし改善するまでにかかる期間には個人差があり、また全てのケースで改善に向かうわけではありません。

人によっては、そのまま「糖尿病」の症状が持続してしまい
糖尿病患者と同じような治療をスタートしなければならない場合もあります。

基本的には、何らかの「因子」を持っていることに変わりなく
油断することなく、日常生活・子育てに励む必要があります。

また何よりも「妊娠前」の段階から血糖値に関して注意し、対策しておくことが大切です。